読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

今年よく聴いた10枚というか10曲というか+2

 今年は崇拝しているさくら学院の舞台『秋桜学園合唱部』という合唱をテーマにした舞台があり、この中で歌われている合唱を聴いてからというもの、合唱以外の曲を聴いても何も感じなくなってしまい、以降合唱以外の音楽をほとんど聴かず、CDやレコードもほぼ買わないし、bandcampとかも全然ディグらない一年だった。『友達になった日』最高!(さくら学院2014年度卒業式の菊地最愛さんの言い方で)

合唱はいいですよ。あの歳くらいの女の子達特有のフラットで清らかな声を聴いてると真人間になれます。もうゴミみたいなテンポが速いだけの量産型ピンチケ沸き曲と光る棒と金が飛び交うくだらないアイドルフェスやるくらいだったらいろんなアイドル集めて合唱コンクールやって下さい。ボンズも組合もいらないし暑さで死ぬ事もない。今年のさくら学院HOT STAGE最高!(さくら学院2014年度卒業式の菊地最愛さんの言い方で)

ということで話はずれましたが、そういうこともあり舞台前にリリースされた曲が多め。

 

  • Vulfpeck - The Beautiful Game

vulfpeck.bandcamp.com

聴いてるというだけでおしゃれレベルが8上がると言われてる某Suchm◯sのメンバーが絶賛してたとかしてないとかで。サチモギャルではないのでよく知らないですが。一聴してジャクソン5が好きなんだなとわかる感じ、嫌いじゃないです。

 

  • Elle Teresa & Yuskey Carter - ドンマイ

www.youtube.com

Kent Jones『Dont Mind』原曲そのまま、ビートジャックしてるだけなのにこの溢れ出る熱海感はなんなんだ。最高の熱海ミュージック。(そんなものはない、熱海なのかも知らない)テレサちゃん好きよ。

 

その昔ポケモンGOという一世を風靡したゲームアプリがありまして、恥ずかしながら僕もプレイしていたのですが、散歩がてら夜の街を徘徊したりしていてその時によく聴いた。『夜を使いはたして feat . PUNPEE』がとても気持ち良くて。曲とは関係ないですがSTUTS氏は見た目も喋ってる感じからも凄く良い人なんだろうなと思っている。

 

V.A. - Young Folks in Metropolis

poor-vacation.bandcamp.com

www.youtube.com

Poor Vacationによるコンピレーションアルバム。

2.ライカ大貫妙子のボーカルが心地よいシンセポップ SUPER VHSとMei Ehara『魚の恋』5.哀愁感漂うアーバンメロウな Poor Vacation『Young Folks』7.少ない音数、ストリングス、歌声、素晴らしく美しく叙情的。僕の中での今作品ベストトラック butaji『長い雨』

CD屋の試聴機みたいな説明になってしまった。

 

www.youtube.com

LIBROがラップしてくれる事に只々感謝。客演陣も最高。漢"マイクチェックワンツー マ◯コチェックワンツー ポリスメンは俺達に麻◯チェックワンツー"

酷過ぎて今年一番好きなパンチライン

 

シカゴのフィメールラッパーNoname。なのるなもない。チャンス君のミクステで結構知られたんですかね。チルでレイドバック、唄うような心地よいラッピン。今年の睡眠導入剤でした。無料シット。

 

ニューヨークのインディーロックバンド。ジャンルとしては何になるんだろう。まあ別に何でもいいんですけど、タグにはポップ、プログレッシブロックパワーポップ、シンセポップ、チップチューンとか書かれていて、確かにああそうだなぁという感じで。いろんな要素を内包していて、Jpopっぽいなと思ったり。80's感あるギターが炸裂していてとにかくポップ。The Go! Teamとか好きな人は好きだと思う。近いうちフジロックとかサマソニとか来るんじゃないかな。

 

シカゴ在住のトランペッター兼シンガーソングライター。bandcampをディグってる時に見つけた。あまり情報がないので詳しい事は分からないが、今年一番ハッピーな気持ちにしてくれた曲。最高のR&B/Soulなので皆聞いてほしい。来年アルバムが出るみたいなので楽しみ。

 

  • Chance The Rapper - Coloring Book

http://cdn4.pitchfork.com/albums/23246/homepage_large.c5e30897.jpg

 いろんなとこで挙げられていると思うので今更特に書くことなし。2017年はゴスペルと合唱が来る。

 

シカゴのR&BシンガーJamila Woodsのデビューアルバム。一応今年のベストディスク。M&Oでの活動やソーシャルエクスペリメント『Sunday Candy』でも最高だったので僕の中では遂にという感じ。今一番ライブが観たい人でもある。目の間であんなスムースな歌声を聴いたらとろけてしまうかもしれない。因みにHEAVNの"Show me, show me, show me〜"という部分はThe CureのJust Like Heavenから引用してるんですね。最近知りました。それにしても今年良いと思ったHIPHOP/R&B/SOUL作品は殆どシカゴだったしフリーだった。

 

 井上ほの花 - ファースト・フライト

https://images-na.ssl-images-amazon.com/images/I/413Yj3drG7L.jpg

www.youtube.com

今までので10曲、きりが悪いので迷ったのですがあまりにも良かったので。声優井上喜久子さんのご息女である井上ほの花さんのファーストミニアルバム。お母様が17歳、ほの花さんが18歳で何のこっちゃ分からなくなるなという話は置いといて。秋くらいにあったヤバ歌謡イベ、和モノジャンボリーでラグジュアリー歌謡の藤井陽一さんがDJで『スパークリング・チャイナタウン』をスピンしていてその素敵過ぎる曲に思わず誰の曲か聞きに行ってしまい、井上ほの花さんという方である事、(帰宅後ググり娘さんである事を知る)12月にアルバムが出る事を教えて頂き、それ以降首を長くして待っておりました。で3日前に発売された訳ですが、もうこれが素晴らしくて。来年のアイドル楽曲大賞これでいいんじゃないすかね。"最新型ラグジュアリーポップの決定盤"のコピーに偽りなし。

 

  • 星野みちる - Love Me Again

    http://www.stereo-records.com/user/151/photo/syousai1/87999.jpg

    https://youtu.be/V3iDOBXRGA4?t=2m
    今一番面白いシンガーソングライターこと星野みちる師匠のこの曲を書き終わった後に入れ忘れたのを思い出したので前のと合わせて+2です。ikkubaruの原曲の方も勿論素晴らしいんですけど、元はこっちなのでは?と思うほど日本語詞がはまってる気がするんですよね。個人的にこっちの方がしっくりくる。プロデューサーであるはせはじむさんのマジックですかね。一応アイドル楽曲大賞ノミネートされてたのでこれ一位にしてぶっこんどきました。VIVID SOUND最高!(さくら学院2014年度卒業式の菊地最愛さんの言い方で)